チェンマイで本場のカオソーイを食べてみる

タイ料理って、実は色々種類があるんです。

日本も北と南じゃ料理が違いますよね。

タイも北はチェンマイ、南はプーケットまで、それぞれの地域に根付いた料理があります。

今回は北のチェンマイ料理をご紹介。

 

チェンマイラオスミャンマーなどと国境が近く、

それらの料理の影響を受けている地域でもあります。

 

地球の歩き方(D 17(2016〜2017年) [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]

 

そんなチェンマイを代表する料理が、そう、

カオソーイなんです(なんだ美味しそうなんだか不味そうなんだか、よく分からない名前ですな)

 

f:id:melodydrop:20170117000118j:plain

このカオソーイ、日本語にするのであればカレーラメンです。

ただこのカレーにコクがあって、麺に絡んですごく美味しいんです。

多少油っぽさもあるカレーはミャンマーなどの影響がありそうですね。

ちなみにこのカオソーイ、

どこで食べても写真のようにラーメンの上には揚げた麺が乗るのですが、

写真はダメな例(笑)普通はもう少しお上品に揚げ麺が乗ってきます。

 

ちなみに、カオソーイを食べるならここがおすすめ。

イスラム系のカオソーイ屋なのですが、チェンマイでは知名度No.1

ここのカオソーイを食べずしてカオソーイを語るな!と言われるほどの有名店です。

 

店名:カオソーイイスラム(Khao Soi Islam (Khao Soi Halalと書く場合も))

住所:26, ซอย 1 ถนนเจริญประเทศ, ตำบลช้างคลาน อำเภอเมือง จังหวัดเชียงใหม่ 

この住所をgoogle mapに貼り付けるか、トゥクトゥクの運ちゃんに見せてください 

 

チェンマイを訪れた際にはぜひトライしてみてはいかがでしょう?